前田健 突然死!不整脈の持病あった?原因は?運動との因果関係

松浦あや(あやや)のモノマネでお馴染みの

ものまねタレントのマエケンこと前田健さんが

2016年4月26日午前1時36分にお亡くなりになりました。

44歳でした。

現場状況

24日、午後7時15分ころ新宿区新宿の路上で

突然おう吐し、その場に倒れ、通りがかりの医大生に

心臓マッサージをしたりAEDで蘇生措置を施しましたが、

心肺停止のまま救急車で病院に搬送されました。

その後一旦は蘇生し、事務所の発表では治療中とのことでしたが、

4月26日午前1時36分44歳で永眠されました。

ご冥福をお祈りします。

Sponsored Link


 

前田 健プロフィール

出典gree.jp

出典gree.jp

まえだ けん 愛称「まえけん」

1971年6月14日 – 2016年4月26日

日本のお笑い芸人、ものまねタレント、俳優、振付師。

東京都杉並区出身。

ケイダッシュステージ所属。

身長174cm。体重80kg(公称)

血液型O型。東京都立農芸高等学校卒業

ネプチューンの原田泰造は同校の先輩にあたる。

05年「前田健の恋キャラ診断」を出版したとき、ゲイであることをカミングアウト。

11年には初監督として映画「それでも花は咲いていく」でメガホンをとる。

どうして!?何があったの!?

当日は朝から夕方までテレビ朝日のバラエティー番組

『ロンドンハーツ』の収録で、“オネエタレント”の仲間たちと

50メートル走やリレーに挑んでいた。

倒れる直前まで近くのレストランで食事して、

その模様をTwitterに投稿するほど普通だったようです。

コメントは「海の幸とトマトソースのパスタ、うまし」と

ツイートを写真入りで書き込んでいました。


このときすでに体調に異常は感じてたのでしょうか?

この店の店員さんは「どこかか顔色が悪いような気がした」と

言っていました。マエケンさんのことは

「よく来る客だったが芸能人だとは思わなかった」とコメント。

少し太り気味もあったようで、

健康に関してはちょっと不摂生になりがちだったようです。

以前3月20日のツイッターには

「健康は大事、とわかっていながら健康のためにしていることは何一つない。

まだ不摂生を嫌いになれない。不摂生への執着を捨てきれない。そんな44歳」

とつぶやいていました。


[ad#co-1]

 

死因???なぜ!?

死因はまだ発表されてませんが、

心筋梗塞、脳卒中、アレルギー性アナフィラキシーショックなど

いくつか考えられる病気はありますが、

本人は以前から心臓があまり良くないとか

不整脈があると言っていたようです。

B型肝炎も以前患ってたようですね。

もし心筋梗塞でしたら、当日の仕事で50メートル走などの

運動になに原因があるのかもしれません。

心不全と言う事もチラホラ聞こえて来ますが、

死ぬときはみんな心不全なんです。

それを調べるのが医者の仕事で、

癌だろうが脳卒中だろうが最後は心不全なんです。

死因をおおやけに出来ない人だったり、

立場的にの理由があるような大物の人物で、

不信な死とか原因不明の場合はよく心不全として

かたずけられることが多いので、

薬物が原因でないことを信じます。

それにしても44歳という若さで

この世を去るのは悲しすぎます・・・

オレンジ(;_:)

追記!

前田健さんの死因が判明しました。

虚血性心不全だそうです。

やっぱり当日のテレビ収録の運動が

原因だったのでしょうか?

ちょっとくらい体調に異変があってもまさか死ぬとまで

思わないから、周りに迷惑かけないように

無理してしまいますよね。

責任感が強いマエケンさんだったからこそ

招いてしまった現実のように思えます。

さらに分かったことで、来月には

不整脈の手術をする予定だったようです。

何かのタイミングがズレていれば

命を落とすことはなかったのかなぁと思うと

悔やまれます・・・・

オレンジ(:_;)